スマホ紛失!そして発見!GWのミステリー

GWの最終日に息子と2人で、とある温浴施設に行ってきました。

そこは水着露天風呂などがあり、息子も楽しんでくれて良かったのですが、楽しんでいる写真を撮れずに終わってしまいました。

というのも、スマホを紛失してしまったのです・・・

スポンサーリンク

 消えたスマホ。

入館してロッカーまでは間違いなくありました。

水着に着替えている際に、「水着露天風呂にスマホを持って行っても良いのかなぁ?」と確認して、「館内着とレンタルのタオルとそのバッグのみ持込OK」のように書かれたPOPが貼ってあったので、諦めてロッカーにしまって息子と2人で、たくさんの水着露天風呂を楽しみました。

そして戻ってきたら・・・

「携帯がない!!!!!」

バッグから服や荷物を全部出しひっくり返しても、空のロッカーを隅々探しても出てこない。

もしかしたら、ロッカーにしまったというのは僕の勘違いかと、ロッカーの周辺や上を探してみても無い・・・

近くの従業員の方や、総合案内で確認してみても「届いていません」とのこと・・・

僕一人か妻も一緒に来ていたなら、僕は携帯探しに集中できるのですが、この日は息子と2人で来ていた為、放ったらかしにすることも出来ず、とりあえず見つかったら館内放送で呼んでもらうことにして、息子と楽しむことにしました。

館内を歩いていたら、知っている顔を見つけました。ここで働いている方です。

実は、この温浴施設は10年以上前に僕が勤めていたところなのです。

さすがに、10年以上前なので利用方法など色々変わっていました。

まさか当時から働いていた人がまだ残っているとは。

で、その方にスマホを紛失したことを話したら、一緒にロッカーの方まで行ってスマホを鳴らしてくれたりしましたが、着信音もバイブレーションもウンともスンとも言わず・・・

いったいどこへ行ってしまったのよ・・・(;´д`)

誰かが移動させない限り、この周辺で何かしら聞こえるはずなのに・・・

結局退館するまでにスマホが見つかることはありませんでした。

仕方ないので、連絡先を伝えて息子と2人で帰ります。

駅の近くにあった公衆電話から、妻にこれから帰ることと、携帯電話を失くしたことを連絡。

しかし、公衆電話から携帯って10円じゃほとんど話せないんですね・・・最初は何も伝えられずに切れちゃって驚きました。10秒も無理なんじゃないかなぁ。(昔、学校から自宅に電話した時は10円でそれなりに話せたのに)

かといって、お釣りの出ない100円を入れる気にもなれないので、2回目は気合を入れて、つながった瞬間に用件だけ伝えます。

「携帯紛失しちゃって見つかってないけど、とりあえずこれから帰るから!」

電車に乗ったら息子は速攻爆睡。これから2回も乗り換えなくちゃいけないのに、荷物とお土産にプラスして息子を担ぐのか・・・(^^;)

さらに帰宅中にもアクシデント・・・

急いで乗り換えれば間に合ったのですが、爆睡の息子を抱っこしたままではそれも出来ず、目前で乗りたい電車に乗れず。それでも10分待てば次の電車が来るはずでした。

しかし・・・人身事故発生・・・運転見合わせ・・・

ほんとついていない・・・これを妻に連絡することも出来ず・・・

捜査開始。

帰宅して、さっそくPCを開きました。

妻の携帯を借りて電話をかけてみると、呼び出しはするのでまだ電源は落ちていません。

僕のスマホはAndroidなので、Googleのアカウントページを開いてみると、やはり紛失した時用の「スマートフォンを探す」というものがありました。

アカウント情報

そして、探す端末を選択して、パスワードを入力。

Screenshot

以下のメニューが表示されます。僕はまず「端末を探す」ことにしました。

Screenshot2

すると検索が始まり、見つかるとGoogle Map上にスマホがある場所が表示されます。(掲載の画像は適当にしてあります)

Screenshot3

僕の場合、LTEが取得しにくく、Wi-Fiに繋がっていなかったせいか、なかなか場所を取得できなかったのですが、何度もトライしていたら時々検出されました。

もし、他の場所に移動されていたのなら、すぐにGoogleアカウントのサインアウト、端末のデータの削除を実行しようと考えていましたが、この検出した場所が利用した温浴施設だった為、誰かが持ち出してるってことではなさそうではなく、店内にあることは間違いなさそうなので、そこまではまだ行わずにお店に連絡してみました。

残念ながらまだ見つかっていませんでした。

そこで従業員の方にお願いしてロッカー付近に行ってもらい「着信音を鳴らす」を実行してみました。この機能は着信設定がミュートになっていても、最大音量でなるそうです。

しかし、周辺で見つかることはありませんでした。

ロッカー以外にスマホを持って移動した記憶はなく、落とし物としても届いていない、館内にあることは間違いないのに、どうして見つからないのか訳がわかりません。

もう誰かが意図的に、どこかに隠したんじゃないか?と考えてしまいます。

しかたないので、翌朝の営業終了後の館内清掃で見つかることに期待してこの日の操作は終了しました。見つかった場合は15時以降に連絡が来るそうです。

翌朝、再び現在の場所を確認しましたが、やはり移動はしておらず「きっと連絡が来るだろう」と思っていました。

しかし、夜になっても連絡は来ませんでした・・・もちろん移動もしていないのになぜ見つからないんだ!?

この段階でとりあえず、Googleアカウントのサインアウトを仕掛けました。端末のロックは一応かけていますが、万が一解除された時にメールや連絡先、ドライブなどGoogle関連の情報を見られたら困るので。(あと記憶してあるアプリやサイトのパスワードも変更

そしてさらに翌朝。とうとうスマホの充電が切れてしまったようで、場所の特定も出来ず、コールしても「お掛けになった電話番号は・・・」になってしまいました。

全く見当たらないのに、音まで鳴らなくなってしまっては、もう探しだすことは絶望的です。

しかも、最終的に諦める時はデータ抹消しようと思っていましたが、遠隔出来ないのでそれも出来ません・・・

お昼休み、ダメもとで最後の確認で施設へ連絡してみました。

従「お探しのものは何ですか?」

僕「白いスマホです。ファーウェイっていうメーカーで、色が変色していますが透明のカバーをしてます」

従「何日のご利用でしたか?」

僕「日曜日、7日です」

従「確認します。・・・これですかねぇ?7日の忘れ物にあったのですが、ホノー???」

僕「それです!honorって書いてあります!」

従「では出来れば取りに来て貰えますか?貴重品になるので郵送だと色々確認の手続きが必要となり、お渡しに時間がかかってしまうので・・・」

僕「分かりました!今日の夜に行きます!」

奇跡的に見つかりました!これで駄目だったら諦めようとダメもとだったので、約2日間下がりまくっていたテンションが一気に急上昇でした。

しかし、疑問点が2つあります。

1つめは、7日の忘れ物として保管されていたのに、なぜ8日に連絡が来なかったのだろうか?

最初は「まともに対応してくれないんだな・・・」と失礼なことを考えたのですが、その後ふと「メーカーがファーウェイで、透明のカバー」と伝えてしまったせいかもと思いました。

OI001945OI001946

ご覧の通り、ファーウェイ(Huawei)とはどこにも書かれておらず、モデル名のhonorと書かれて要る為、メーカー違いと判断されてしまい、さらにカバーが変色してしまっているので、透明のケースに見えなかったのかもしれません。

だとしたら、最後に電話対応してくれた方の判断にはホント感謝です!

2つ目の疑問は、いったいどこで発見されたのか?

僕「どこにありましたか?」

従「確認するのでちょっと待ってくださいね。・・・すみません、発見場所の記載がありませんでした」

え~普通どこで発見したか書いておくよなぁ、少なくとも僕が働いていた時のオペレーションはそうだったはずだけど。

まあ色々疑いたくなってしまうとこですが、まぁ、もうそれ以上調べることは出来ないし、見つかったのでそれで良しとするしかありません。この謎は迷宮入りです。

夜、会社帰りの8時過ぎにお店に行き、無事2日ぶりにマイスマホを手にすることが出来ました。

スマホを紛失して思った・感じたこと。

いや~、2日間スマホが無いことでホント不安と不便を感じました。

知人との連絡ツールとなっているLINEは、アカウント乗っ取り対策としてPCからの利用を禁止していたので全く利用できないし、Gmailを使うにもGoogleも2段階認証を適用していたので、登録した電話番号の端末が手元にないと、普段使っていない端末でサインインが出来ませんでした。

セキュリティを高めたつもりが、今回については不便になってしまいました。

それから、いくら端末のセキュリティ対策をしても、SDカードを抜かれてしまったらもうどうすることも出来ません。データ抹消の機能では、SDカードまで完全に削除できるかわからないと書いてありました。

今回の件で、最近のスマホは内部ストレージのサイズが大きいし、SDカードを使う必要はないのかぁ?と思いました。iPhoneなんかはそうですよね?

ちなみに、僕のスマホにはカスペルスキーのセキュリティソフトを入れてあり、これでも端末の検索やロック、カメラでの撮影を出来るのですが、スマホで常に稼働するようになっておらず、上手く活用することが出来ませんでした。

スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです!

フォローしてくださる方はこちらから

この記事が気に入ったら
是非「いいね!」してね。

最新情報をお届けします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0