ハンディクリーナーを買い替え。Panasonic IT(イット)

使っていたスティック型掃除機のエルゴラピードが壊れてしまいました。電源を入れても2~3秒で止まってしまい、調子が良くても使い物にならない死にかけの吸引力で30秒程度しかもちません。

数ヶ月我慢して使っていましたが、そろそろ限界。

スティック型掃除機とは別に、普通の掃除機もあるので、しっかり掃除したい時はそれを使えば良かったのですが、やはり「ささっ」とかけたい時にわざわざ出してくるのは億劫ですし、コードが届く範囲を気にすることなく、階段や2階、車などへも持ち運べる 便利なスティック型コードレスクリーナーは、我が家には必須のアイテムです。

というわけで、新しいコードレスクリーナーを購入です。

スポンサーリンク

欲しかったのは Shark EVOFLEXだったが・・・

「コードレスクリーナーといえばダイソン!」と言ってもいい位ダイソンのシェア率が高いですが、我が家では最初からダイソンは候補にありませんでした。

ああいう派手で未来的な、ドラえもんの便利アイテムとかに出てきそうなデザインは、僕は嫌いじゃないですが、やはりあの「キーン!」っていう音がね・・・あとやっぱり値段が高い!(^_^;)(妻はデザインも好きじゃないし)

妻は日立のパワーブーストサイクロンや、ラクかるスティックが気になっていましたが、実際電気屋さんで見て触ってみたら何かしっくり来なかったようです。

僕はTVCMで見かけて衝撃だったSharkのEVOFLEX(エヴォフレックス)が気になっていました。

この折れ曲がって、ソファやベッドの下も屈まないで良いって魅力的ですよね~。男ならこういう機能を持った商品絶対好きでしょ!これ欲しい!!!!

しかしながら、妻的にはデザインが納得出来ないようで購入には至らず・・・こうなるともう僕はどれでも良いかなぁ~って感じです。だって同じ価格帯だったら、そんなに大きな機能差ないだろうって思うんで。重すぎずに、最低限ゴミを吸ってくれればOKです。流石にゴミを吸わない掃除機なんて無いだろうし。

で、妻にお任せで決めたのが、PanasonicのIT(イット)です。

部屋に馴染むオシャレなデザイン。

購入したITはサイクロン式(MC-SBU520J)と、紙パック式(PBU520J)とありますが、我が家はサイクロン式を購入しました。タイプによってカラーは決まってしまうので、メタリックグレーです。

届いた箱は想像以上に小さく、中身はこれだけ。ちゃちゃっと組み立ててまずは充電。

どうでしょ?サイクロン式によくあるゴツさが無いので、スタイリッシュです。

カッコイイけどちょっと部屋に置いておいたら暗くなるかなぁ?とカラーだけちょっと心配でしたが、他にも黒いもの置いてあるし、思ったほど気になりませんでした。

壁掛け用の充電台も付属していますが、壁に穴を開けたくなかったので使わずに、そのまま壁に立てかけて置きます。

ハンドルの裏面に滑り止めが付いているので、倒れずに立てかけられるんです。

これって地味に便利です。使用中にちょっと手を話したい時にしゃがんで置き、使う時にまたしゃがんで拾う必要がないです。

ブラシの形状が微妙に違うらしい2017年モデルの (MC-SBU510J)もあり、そちらは2色展開しているようなので、色の好みで選んでも良いかもですね。

便利機能で掃除がちょっと楽しい

実際に使用した感じは、今までのエルゴラピードと形が違って、機器の重心が先(下の方)じゃなくて、手元(上の方)にあるので扱いやすいです。(押すだけなら下の方に重心あったほうが楽だけど、キビキビと向きを変えるには機器を浮かせるので、重心は上にあったほうが使いやすい。)

ITの名前にも関係していて特徴でもあるのがヘッド部分の動きです。

通常はT字で利用し、壁に当たるとガバッとブラシの前部が開くので際までブラシが届いて掃除してくれます。

そして、普通なら隙間用のヘッドに交換しくては行けないような場所でも、手首を捻ってヘッドをI字すれば、ヘッドはそのままで掃除が可能です。

我が家にはコンセントの都合などで、壁にピッタリと家具をつけられなかった場所が幾つかあり、掃除がし難かったので、これはとても助かる機能です。

後は、クリーンセンサーという機能もあり、目に見えないハウスダストなども検知して赤いランプでお知らせして自動的にパワーモードになり、キレイになったり青ランプになって省エネモードになるので、いつもよりきちんとした掃除機がけが出来るし、思わぬところで汚れやハウスダストを発見して楽しいです。

自動運転で吸引力が弱く感じた時は、手動でパワーモードに切り替えて利用しています。

唯一、もうちょっと・・・と思ったのは、中間の延長管を外してハンディタイプとして利用する時です。

ハンディタイプの割にはデカイ(長い)んですよね・・・まぁゴツさを出さずにスタイリッシュなデザインにするには、太くしない分、細長くするしかないだろうからしょうがないんでしょうね。

ま、今のところ不満に感じたのはそれくらいで、楽しく気軽に楽々と掃除機崖が出来るようになり満足のいく買い物だったと感じています。

ゴツすぎないスタイリッシュなハンディクリーナーをお探しの方にはお薦めですよ。

スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです!

フォローしてくださる方はこちらから

この記事が気に入ったら
是非「いいね!」してね。

最新情報をお届けします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0