奥歯もおまかせウルトラフロス

詰めていた奥歯が取れてしまったので、1年ちょっとぶりに歯医者に行ってきました。

外れた銀歯を持って行ったので、噛み合わせを再び調整してもらい、あっという間に完了でしたが、ついでなので、他の歯のチェックも含めて、クリーニングと歯周病チェックをしてもらいました。

スポンサーリンク

これなら奥歯の歯間もやりやすい!

前回通っていた時に比べたら全然マシでしたが、奥歯の歯茎が弱っていて血が出やすくなっていました。
悪化すれば歯周病ってやつですね。
歯間や歯と歯肉の間に溜まる汚れ(歯垢)が原因だそうです。
フロスで週に2~3回手入れをするようにしているのですが、手前の方は良いのですが、奥の方の歯になるとフロスを歯間に通しにくくて、悩んでいました。
使っているフロスは写真のような、指に巻き付けるタイプや、スティックのタイプです。

DSC_0033

そのことを伝えると、紹介(営業ともいう?)してくれたのが、このウルトラフロスです。

DSC_0020

DSC_0026

カラフルなフロスが10本で500円。
ちょっと高いなぁ・・・と思いましたが、「使い捨てじゃなくて、糸が切れるまで洗って使ってください」とのことなので意外と経済的かもしれません。

DSC_0032

特徴はなんといってもこの首の形。
よく見かける柄の部分に対して水平なものではなくて、熊手の様に柄に対して垂直にフロスが付いています。

DSC_0024

その為、上の写真のように、奥歯の歯間でも無理な角度でスティックを入れずに済むのでとても使いやすいです。

いや~感動しました!
てか、こんな単純なものが、なんで今まで標準的な形じゃなかったんだろう?
僕が気づかなかっただけで、ドラッグストアとかでも、普通に売っているのかな?

ともかくこれで、小さな悩みが1つ解消されました!

ちなみにクリーニングで、溜まっていた歯石を取り除いてもらったら、虫歯が1つ奥歯に見つかりました。
先生曰く、削るのが難しい歯なので、抜くことになるかもとのこと。
まだもう少し、歯医者通いは続きそうです(^^;)

スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです!

フォローしてくださる方はこちらから

この記事が気に入ったら
是非「いいね!」してね。

最新情報をお届けします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0