今夜はドバイワールドカップ!

5856913998_9e22c593da_z

今夜は世界最高賞金の競馬レース、ドバイワールドカップを始め、多数の高額賞金レースが一日にいくつも行われるドバイミーティングが開催され、日本調教馬の参戦もあります。

スポンサーリンク

あの感動を再び

海外馬の強さに驚かされたレースも多いですが、やはり日本馬の活躍が記憶に残ります。 まずは、個人的に好きな過去の日本馬の活躍を紹介させてください。

2011年 ドバイワールドカップ

東日本大震災の直後に、青い目をした侍、ミルコ・デムーロ騎乗のヴィクトワールピサが、日本馬初のドバイワールドカップ優勝を成し遂げ、日本馬のワン・ツーフィニッシュ! インタビュー時のミルコの涙にさらに感動。

2014年 ドバイシーマクラシック

1番人気を背負いながら2着に敗れた前年に続き、2年連続の参戦となったジェンティルドンナ。 直線、周りを囲まれ、万事休すかと思われたところから、驚愕の勝負根性と末脚で、見事優勝!まさに女傑です。

2001年 ドバイシーマクラシック

前年の覇者で当時の世界チャンピオンとも思われた、1番人気ファンタスティックライトを、人気薄の日本馬ステイゴールドがゴール直前、いや瞬間だけ?差し切って優勝!
日本ではG1好走止まりだった同馬が、世界チャンピオンを下し、世界を驚かせたレースです。

2014年 ドバイターフ(ドューティーフリー)

前年秋に本格化し天皇賞を圧勝。ここでも人気を背負っての出走でした。結果を、世界を震撼させる程の圧勝!
このパフォーマンスが世界に認められ、この年の世界ランク1位の評価を得ました。

他にも、ユートピアのゴドルフィンマイル。ハーツクライのシーマクラシック。アドマイヤムーンのドューティーフリーなど、日本馬の勝利はもちろん、勝てなかったレースでも思い出深いレースがありますが、紹介した4つが、個人的に特に印象深い日本馬の活躍です。

さて、今年も日本馬に期待しよう!

今年の日本馬の参戦は以下のとおりです。

発走時刻
(日本時間)
レース名 条件 1着賞金 出走馬
日本馬の出走予定レース
22:55 UAEダービー
(G3)
ダ・1900M  約1.2億円 ゴールデンバローズ
ディアドムス
タップザット
26:00 ドバイシーマクラシック
(G1)
芝・2410M  約3.8億円 ハープスター
ワンアンドオンリー
26:00 ドバイシワールドカップ
(G1)
ダ・2000M  約7.2億円 エピファネイア
ホッコータルマエ

先日、某ブックメーカーのオッズを確認したら、ゴールデンバローズとハープスターが、それぞれ参戦予定のレースで、1番人気に支持されていました。
UAEダービーに関しては、海外馬との比較が全く分からないですが、シーマクラシックはハープスターの1番人気は、ちょっと過剰人気かなという気もします。フリントシャーとの一騎打ちになるかな?
それよりもワールドカップの方が、期待値が高い気がするのは僕だけでしょうか?
昨年の世界ランク2位のエピファネイアと、安定して力を出してくれる日本ダート最強馬のホッコータルマエ。どちらも先行出来るので、レースの傾向にあってそうです。

いやぁ、明日も仕事なのに寝不足になりそうです・・・

ちなみに、オーストラリアでもトゥザワールドが走っていましたが、1番人気ながら惜しくも2着だったようです。

スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです!

フォローしてくださる方はこちらから

この記事が気に入ったら
是非「いいね!」してね。

最新情報をお届けします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0