ディズニーで妊婦さんらの負担を減らす方法。

ディズニーシーに行ってきました。

DSC_0536
平日でなおかつ、天気も良くなかったので、比較的すいていた方だとは思いますが、それでも人気のアトラクションでは90分以上の待ちは当たり前です。
GWや夏休みなどに比べたら、大したことのない時間かもしれませんが、妊婦さんや足などどこか体の不自由な人には辛い並び時間です。

しかし、そんな方に優しいサービスがありました!

スポンサーリンク

事前に知れてホントに良かった

それがこの「ゲストアシスタントカード」です。

1433591664216

妊婦さんや、障害を持つ方などが、長時間並ぶ身体的・心理的な負荷をなくすために、アトラクションの受付で実際に必要な待ち時間後を確認し、時刻を指定してもらい、その指定された時刻にいけば並ばずにアトラクションなどを楽しむことが出来るというシステムです。
付き添いの人を含めて4名まで、このサービスを受けることが出来ます。

事前に申請して予約しておくか、そうでなくても入園時に伝えれば対応してくれるみたいです。

我が家も奥さんが現在妊娠5か月半です。結構お腹も目立ってきていますし、体も重たいそうです。
なのでこのサービスは本当に助かります。
実は知らなかったのですが、たまたま奥さんが前日にママ友から教えてもらいました。

おかげで、雨の中長時間列に並ばずに済みました。
妊娠期間中に風邪を惹かれたら大変です。
待ち時間は近くのカフェなどで休憩していました。

注意というか、間違わないようにしなくちゃいけないのは、一見ファストパスみたいなサービスの様ですが、決して「待たなくて良い」ではなく、あくまでも「列の中で並ばなくて良い」というものです。

なので、ファストパスの様に時間の指定に幅もなく、決まった時間に行かなくてはいけません。
また、待っているはずの間は、他のアトラクションなど対象のサービスは利用できません。
まぁ、当然っちゃぁ当然ですね。

いろいろ意見はあるみたいですが・・・

昔は、待たずに先頭に入れてもらえる制度だったみたいで、優しくなくなったという意見もあるみたいですが、僕はこれで良いと思います。
あえて対象の方を特別視することはないし、普通に並んで待つ健常者の人も納得がいく(そのカードの利用者をズルいと思わない)だろうし、よりフェアだと思うからです。

「待つことが苦痛でパニックになってしまうような精神的障害を持つ人もいるんだ」!という人もいるかもしれませんが、それは付き添いの人がその待ち時間をどういう時間にするか次第だと思います。

「並べないんなら、来るな!」←論外です。少なくてもそれはホスト側(ディズニーが)決めることです。嫌ならあなたが来るな。

ただ、ルールを破ったり、このカードを悪用することだけはないようしたいですね。
なので現状はそんなに申請は厳しくないようですが、母子手帳や障害者手帳の提示などは義務化した方が良いような気がするな。

国内・海外旅行の予約は【Tポイントが貯まる・使える!】Tトラベル

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

東京のホテル予約

スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです!

フォローしてくださる方はこちらから

この記事が気に入ったら
是非「いいね!」してね。

最新情報をお届けします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0