2歳の娘に注意されるおっさん。

日曜日、子供2人と実家に行きました。

母がゲームコインを持っているということなので、4人でROUND1へ。

1年生の息子はメダルゲームも、もうある程度楽しめますが、娘はまだメダルで楽しめそうなゲームがありません。

なので、息子を母に託し、僕は娘とUFOキャッチャーなど現金のゲームを徘徊しました。

スポンサーリンク

娘から予想外の一言

アンパンマンのぬいぐるみのUFOキャッチャーに娘が食いついたので、娘の手を握り、一緒にアンパンマンGET目指していざ挑戦!

「おっ、惜しい!あと2回位のうちに獲れるかな?」

「あら~駄目かぁ~、でも次で!」

「ゲッ、マジ?しぶといなぁ・・・」

1回目で余裕で獲れそうな手応えだったのですが、簡単には行きませんでした。

すると娘の口から想像していなかったセリフが・・・、

「おしまい!もうおしまい!」

え?さっき残念そうな顔をしていたのに終わりでいいの?

てか、きみまだ2歳だよね?お金のことなんか考えずに、欲しがるもんなんじゃないの?

ずいぶんと冷静な2才児だなぁ。

ちょっとびっくりしましたが、「無駄遣いしない子になるかな?」と嬉しくもありました。

でも、小銭入れに100玉がもう2枚あったし、アンパンマンGETして喜ぶ娘の顔が見たかったので、今度は一人で再挑戦したものの・・・(~_~;)

そんな物といえばそんな物なんでしょうが、獲れそうで獲れない!

娘に良いとこ見せたくて熱くなった僕は財布から500円玉を取り出し、そのまま投入。

6回目のチャレンジでも獲れず、再び娘から「おしまい!」の声。

翌日には37歳になるオッサンが、2才児に注意されます。

「うん、これは無理だ。娘のほうが冷静でしっかりしてるわ」

流石に、もう止めようと返却ボタン(足元の返却口の横にある突起物)を押しけど、お金は戻らない・・・

あ・・・やっぱそういうもんだったか・・・そんな気もしていたけど、両替に行くのも面倒だったので、そのまま入れちゃったよ・・・結局計1000円使ってもアンパンマンはGET出来ず(T_T)

その後は、ディズニーのプリンセスになってゲームして写真撮れるやつ。

IMG_20180805_160235

大好きなミニーちゃんを選んで楽しそうに遊んでました。

しかし、ここでもゲームセンター不慣れな僕は、撮影された写真がスマホでダウンロードしか出来ないと思い、1枚は無料なのに、無駄に300円かけて同じ写真をもう1枚買ってしまいました(-_-;)

これの仮面ライダーバージョンを息子がやったことあったから、追加でお金かかるのおかしいなぁとは思ってたんだけど、説明が解りにくいんだもん!

UFOキャッチャー上手くなりたい。

もう既に皆さんお気づきとは思いますが、僕UFOキャッチャー下手くそです。

ていうか、UFOキャッチャーに限らず、ゲームセンターにあるゲームは全体的に苦手です。

ゲームセンター自体あまり好きじゃなくて、子供たちと一緒じゃなければまず来ません。

でも、子供はやりたがるので、たまに連れてきた時くらいは、息子と一緒に遊んだり、UFOキャッチャーをやったりします。

なので、UFOキャッチャーは上手くなりたいです。子供たちが欲しがる商品を、サラッとGET出来たらもうヒーローじゃないですか!余計なお金も使わなくて済むし!

てか、昔はたまにやってももうちょっと獲れた気がするんだけどなぁ???昔よりも難しくなってる???

クレーンでお菓子すくって、落として、ずらしてGETっていうようなゲームもだけど、ぶっちゃけ、プレイ料に比べて景品ショボいんだから、もうちょっと取りやすくても良くない?

下手くそなのに負けず嫌いだから、始めちゃうとお金遣っちゃうのよ…(-_-;)

スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです!

フォローしてくださる方はこちらから

この記事が気に入ったら
是非「いいね!」してね。

最新情報をお届けします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0