芋掘りをしたのでオーブントースターで焼き芋してみました。

息子の幼稚園の行事で、芋堀りをしてきました。
小学校以来なので20年以上ぶりの芋掘りですが、ちょっと嘗めてました。
さつまいも掘り、結構大変です。

スポンサーリンク

綺麗に獲るなら大きなスコップで!

IMG_20151031_101105

普通の片手で使えるスコップで挑戦しましたが、土が結構固いです。
そして結構深くまで、そしてキツキツに埋まっていて掘るのが大変でした。
なかには鉄のスコップが曲がった!折れた!とかいう方もいるくらい!

また、形・大きさ・方向、これが掘り終わるまで分からないので、あまり芋の近くを掘るとさいまいもを切ったり、傷をつけてしまいます。
そして、まだ抜ける状態じゃないのに無理やり手で引き抜こうとすると、「ポキッ」とさつまいもが折れます。

そこで、先生方がもっていた大きなスコップを借りて掘ったら、小さなスコップでやるのが馬鹿らしくなるくらい簡単でした。

さつまいもを綺麗に抜くには、埋まっていそうなところから少し余裕をもった周りの土ごと掘って、抜けたあとに余計な土を落としていった方が良いです。

来年は、僕も大きなスコップをもって参加しようと思いました。

オーブントースターで焼き芋に挑戦

せっかくさつまいもをたくさん入手したので、焼き芋を作ることにしました。
本当なら焚き火をして焼き芋を作りたいところなんですが、住宅街で焚き火なんてそう簡単には出来ません。
ふかし芋でも良かったんですが、家に蒸し器がなかった(100均で買っておこっと(^^;))ので、オーブントースターで挑戦です!

小学校時代の焼き芋の記憶を蘇らせると、芋をあらったら、確かホイルを撒く前に、濡れた新聞紙を巻いていたような・・・
しかし、我が家は新聞をとっていないのでありません。
なので代わりにキッチンペーパーを濡らして巻いてみました。

IMG_20151031_171814

そしてトースターに投入!
さぁて美味しい焼き芋は出来るのでしょうか?
IMG_20151031_171905

どれだけ焼いていいのかさっぱりわからなかったのですが、結構長い時間がかかった記憶がうっすらあるので、とりあえず30分やってみました。
30分経過後、菜箸でさしてみると、刺さることは刺さりますが、結構力が必要だったのでもう15分。

合計45分後。
もう一度、箸を刺してみると先ほどより軽く刺さったので、大丈夫だと判断し、ホイルを剥いて芋を割ってみました。

IMG_20151031_185510
なんとかそれっぽくは出来ました!
もうちょっと綺麗な黄色になって欲しかったけど(^^;)

で、肝心なお味は・・・?

まだちょっとだけ固かったかも。
あとホクホク感が足りなかったかなぁ。
そのせいなのか、芋自身のせいなのか、甘みも個人的には物足りませんでした。
もっと小さいやつなら45分でばっちりだったかな?

でも、食べれないことはないです。
息子は「美味しい」といってたくさん食べてくれました。
IMG_20151031_185812

後で奥さんから「ホクホク感が足りないのは、キッチンペーパーが薄すぎたんじゃない?」と言われ、そういえば新聞紙巻いたときは何枚も重なっていたかも!と思い出しました。

ただ意味も分からず、濡らした紙を巻いてみたけど、もしかしてこれで蒸すようにしてる?それがホクホクになるポイント?

調べてないので答えは分かりませんが、また再チャレンジして自分で答えを出してみようと思います。

スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです!

フォローしてくださる方はこちらから

この記事が気に入ったら
是非「いいね!」してね。

最新情報をお届けします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0